返回首頁
當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 中國百科(日語版) » 正文

第二十一章:世界遺産~雲崗石窟

時間: 2015-01-29    進入日語論壇
核心提示: 雲岡石窟は中國北部山西省大同市西部16kmのところにある武周山の南麓に位置している。石窟は北魏興安二年(453年)から開削
(單詞翻譯:雙擊或拖選)
 雲岡石窟は中國北部山西省大同市西部16kmのところにある武周山の南麓に位置している。石窟は北魏興安二年(453年)から開削し始められ、大部分の石窟は北魏がその都を洛陽に移す前に(494年)完成し、石仏の彫刻は正興時期(520年から525年まで)続けられた。石窟は山に沿って開削されたもので、東西に延々約1km伸びている。その気勢は雄壯で、彫刻の內容は豊富多彩である?,F存された主な洞窟は45ヵ所、大小仏壇は252ヵ所、石仏は5100體を超え、その內、最大の石仏は高さが17mで、最小のものはわずか數cmしかなかった。洞窟には菩薩、力士、飛天の姿が生き生きとしている。仏塔の柱の彫刻は精巧に施し、秦、漢時代(紀元前の221年から紀元220年まで)の現実主義的蕓術の風格を引き継ぎ、また、隋、唐時代(581から907年まで)のロマン主義のものを切り開き、甘粛省の敦煌の莫高窟、河南省の竜門石窟と共に『中國の三大石窟群』と呼ばれ、世界にもよく知られた有名な石刻蕓術の寶庫の一つでもある。 
 
 雲岡石窟の石仏彫刻の気勢は雄壯で、彫刻の內容は豊富多彩であり、造形は生き生きとしており、5世紀における中國の石蕓術のベストだと稱され、中國古代の彫刻蕓術の寶庫だとも見られている。開削の時期を見ると、早期、中期、後期に分けられ、異なる時期の石窟の石仏はそれぞれの特徴を持った。早期の『曇曜五窟』は、最初に著名な僧侶曇曜の指揮の下で、彫刻されたものである。道武帝以後の北魏時代の五人の皇帝の容貌に基づいて真似にして作ったの『曇曜五窟』の気勢は、壯観で、純真、質樸の西域の情緒を持った。中期の石窟は精巧に施し、細かく彫刻され、その裝飾の模様は華麗で、北魏時代の蕓術風格を示した。後期の石窟の規模は小さいであるが、石仏の姿勢は痩せ、全身の比例が均衡がとれ、中國北方の石窟蕓術の手本である。このほか、石窟で現存された音楽をしたり、踴りをしたり、また、雑技をしたりした人物の彫刻も當時流行された仏教思想の體現であり、北魏時代の社會生活の反映でもある。 
 
 雲岡石窟は、インドおよび中央アジアの仏教蕓術が中國の仏教蕓術に発展させる歴史を生き生きとして記録し、仏教の石仏が中國の民族的特徴を反映している。各種の仏教蕓術の石仏は雲岡石窟で仏教蕓術を集大成したものとなったから、形成された『雲岡パターン』は、中國の仏教蕓術発展の転換點となった。敦煌莫高窟や竜門石窟の中の北魏時代の石仏は、いずれもある程度で、雲岡石窟の影響を受けた。 
 
 雲岡石窟は、中國の特徴を持つ石窟蕓術の開始である。中期の石窟にある中國の宮殿式建築彫刻及びこれを基礎に発展してきた中國の特徴を持つ仏像壇は、後の世紀に、石窟寺の建造で幅広く活用された。後期の石窟の全體の配置と裝飾模様は、濃厚な中國式の建築と裝飾風格をよりよく展示し、仏教蕓術の『中國化』の一層の深化を反映した。 
 
 雲岡石窟は、2001年12月、ユネスコによって『世界の文化と自然遺産リスト』に登録された。世界遺産委員會は、「山西省の大同市にある雲岡石窟は、5世紀から6世紀にかけた中國の優れた仏教石窟蕓術を代表した。その中、『曇曜五窟』の配置や設計は厳密で、一體化され、中國仏教蕓術の初めてのピーク期における経典的傑作であった」と評価した。 
輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
頂一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

[查看全部]  相關評論
人妻 制服 先锋 资源_97夜夜澡人人爽人人_91福利国产在线在线播放_2012韩国高清完整版播放