返回首頁
當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 中國百科(日語版) » 正文

第二十二章:楽器~牛腿琴

時間: 2015-01-30    進入日語論壇
核心提示: 牛腿琴は中國古來の弦楽器である。主に貴州省や広西省、湖南省のトン族の住居地域で演奏されてきた。ネックの部分は細長く、牛
(單詞翻譯:雙擊或拖選)
 牛腿琴は中國古來の弦楽器である。主に貴州省や広西省、湖南省のトン族の住居地域で演奏されてきた。ネックの部分は細長く、牛の足に似ていることから「牛腿琴」と名づけられました。伝統的な牛腿琴は1本の杉の木から作られている。杉の木を空洞にくりぬき、表面に杉や桐の木を貼る。牛腿琴のネックは太く、頭は正方形をしている。硬い木で作られた弦の軸は細いシュロ縄の弦を固定する。弓は細い竹から作る。 
 
 シュロの糸が張られた弓でシュロ縄の弦を弾くため、少しかすれた音が特徴。音色は柔らかく、品があり、獨特で人の聲とよく調和し、民族色豊かな風格が漂う。牛腿琴の演奏方法はバイオリンとほぼ同じで、演奏者は本體を左肩にあて、左手でネックを持ち、弦を押し、右手で弓を弾く。音域はバイオリンより狹い。 
 
 牛腿琴はひとつひとつ手作りのため、材料や製作の段階で大きさが微妙に違う。楽器の表現力や性能をあげるため、トン族の人々は長年にわたり絶えず牛腿琴を改良してきた。改良された牛腿琴は、本體が大きくなっただけでなく、表の板と裏の板の間に木でできた支えを入れ、指板を増やしたほか、生糸や鋼線で出來た弦と、馬の尻尾の毛から作られた弓が、シュロ縄の弦と弓に変わって使われるようになってきた。そのほか、本體の底に曲がった金屬片をつけらものもある。演奏する際、金屬片を脇の下で挾むことで、より本體をしっかり固定できるようになった。これは楽器を支える演奏者の左手の負擔を軽減し、演奏手法も豊富になっている。 
 
 トン族文化で、牛腿琴は重要な位置を占めており、歌などの伴奏で頻繁に使われる。ほぼ全てのトン族男性の家には牛腿琴があり、祝日や農閑期に、男性は牛腿琴を弾きながら親戚や友人の家を訪ねる。この時、人々は牛腿琴の音に導かれ集まる。楽器を弾き、歌を歌う光景はとても賑やかである。 
輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
頂一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

[查看全部]  相關評論
人妻 制服 先锋 资源_97夜夜澡人人爽人人_91福利国产在线在线播放_2012韩国高清完整版播放