返回首頁
當前位置: 首頁 »日語閱讀 » 中國百科(日語版) » 正文

第二十二章:楽器~塤

時間: 2015-01-30    進入日語論壇
核心提示: 塤(シュン、オカリナのような楽器)は7千年ほどの歴史を持つ中國で最も古い吹奏楽器の1つで、「石流星」という狩猟道具をル
(單詞翻譯:雙擊或拖選)
 塤(シュン、オカリナのような楽器)は7千年ほどの歴史を持つ中國で最も古い吹奏楽器の1つで、「石流星」という狩猟道具をルーツとする楽器である。 
 
 古代の人たちは糸に縛りつけた石や泥の塊を鳥や獣などの狩猟に使っていた。球體の中が空洞になっているものもあり、振り回すと音がしたことから、人々はこれを吹き始め、徐々に現在の塤になってきた。當初、ほとんどの塤は石と骨で出來ていたが、その後陶器製もつくられるようになり、形も楕円形や、丸い形、魚の形、洋梨の形など様々なものが登場した。梨形が最も一般的。 
 
 上部に吹き口があり、底は平らで、側面には指穴が空いている。最も古い塤は指穴が1つしかなかったが、紀元前3世紀末ごろに6つの指穴の空いた塤が誕生した。 
 
 1930年代末に中國音楽學院の曹正教授が古代の陶器製の塤を模した楽器をつくり、その後、天津音楽學院の陳重教授が古代の梨形をした塤を基に、9つの指穴のある新しい塤をデザインし、江蘇省宜興市の紫砂陶器(釉薬をかけずに焼いた陶器)を使い製作した。この新しい塤は伝統的な形と音色は、そのままで音量が増し、音域も広がり、スケール演奏もできるようになったほか、転調も可能になった。新しい塤の音色は素樸でシンプル。このほか、もともと不規則な指穴の排列を変え、演奏が更に便利になったほか、獨奏だけでなく、合奏や伴奏もできるようになった。 
 
 その後、陳教授の教え子である湖北省歌舞団の趙良山氏は、マホガニーの木で10の指穴のある塤を作り、高音域が演奏しにくいという塤の欠點を解決した。 
 
 主に歴代の宮廷音楽に用いられ"頌塤"と"雅塤"に分けられていた。頌塤は小さく卵のような形で高音が響き、雅塤は比較的大きく低音の響く楽器である。
輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
頂一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

[查看全部]  相關評論
人妻 制服 先锋 资源_97夜夜澡人人爽人人_91福利国产在线在线播放_2012韩国高清完整版播放